本場中国餃子がジューシーな訳は具材にあった!イタリアンレストランも注目!


8d402a550a63a12f3f541d5b1726873d_s

餃子と言えば中国から来た食べ物そのままが日本に来ていると思っておられる方が多いかと思いますが、実は日本で好んで食べられたり、又は御家庭で作られたりしている餃子は、日本独特の餃子なのです。

中国の餃子は柔らかくてジューシー

本場中国では一般的にキャベツを入れる事はありません。本場で餃子を召し上がったことがある方なら気づかれたかもしれませんが、柔らかくてジューシーだと感じられたはずです。

中国では、餃子の「皮」は、日本で言う肉まんのような物に至るまで、何でも使いますから、つまり主食ですから、各家庭では朝は所謂、「餃子の皮」作りから始まります。

さて、ではキャベツの代わりに何が入っていて、そして、日本で入っていて中国では入っていないものは何かと言いますと、まず、キャベツの代わりに白菜を刻んで入れてあるのです。ですからキャベツのような固さはなく、柔らかい状態で戴けるのです。

そして、日本ではいっていて中国で入っていないものとは、実はニンニクなのです。ニンニクの代わりにニラを使いますが、その代わり薬味も沢山使いますので、中国で戴く餃子は臭みがありません。

http://xn--u9jtff2irj2b3093agsf.com/  おすすめのイタリアンはこちら

中国流のオススメの食べ方

中国では、ニラでは物足りないという方は、ニンニクのたれをつけて召し上がります。実にオーダーメイドの餃子を皆さん召し上がっているわけです。この食べ方を1度味わうと病みつきになること間違いなしですよ。

【都内】絶品!餃子が自慢の餃子専門店まとめ – NAVER まとめ

Comments are closed.