血行を促進するマッサージのやり方


マッサージの重要な目的のひとつは、血液の循環をよくすることにあります。そのため、
全身が温まっている状態であればマッサージによる血行促進はさらに効果的になるというわけです。

それにうってつけなのが入浴後です。とは言っても、熱めのお湯にさっと漬かるだけの「烏の行水」では、
全身が十分に温まるほどの効果は期待できません。また、シャワーを浴びるだけでも血管の拡張効果は期待できません。

マッサージの効果を上げるためには、お湯の温度は38~40度が目安となります。
ぬるめのお湯であれば自律神経がリラックスした状態になりますので血管が拡張され、血液の流れがよくなるのです。

また、肩までつかっていると心臓や肺に圧迫感を感じることもあるので、胸の下まで辺りの半身浴にするといいでしょう。
肩先の冷えが気になるときには、肩に乾いたタオルを乗せておくと効果的です。

入浴中には、石鹸で手が滑りやすくなっているのを利用して、軽くマッサージしながら身体を洗うといいでしょう。
シャワーは石鹸の泡を落とすためだけに用いるのではなく、強めの水圧で下から上へと刺激してやると効果的です。

ただし、お湯の中でマッサージに一生懸命になり過ぎることでのぼせてしまったり、
濡れた身体で洗い場にずっといることで身体を冷やしてしまったり、ということは避けましょう。

本腰を入れてマッサージするのは入浴後にしましょう。
銀座駅からほど近いマッサージでもオススメしている方法です。

Comments are closed.