肌に良い食事


みずみずしくハリのある美しい肌は女性を若く魅力的に見せてくれます。そんな肌を手に入れる為にはどんな食生活をすれば良いのでしょうか?若々しい肌を保つのに最も重要な栄養素はやはりビタミン類でしょう。ビタミンは肌の老化を防止する働きを持っています。まずナッツ類やうなぎ、緑黄色野菜に多く含まれているビタミンEは身体の酸化を防止します。身体の酸化は老化現象を引き起こすので酸化を抑える事はとても重要です。ビタミンCはシミの原因となるメラニンの生成や沈着を防いで肌を丈夫にしてくれます。白い肌には欠かせないこのビタミンは、いちごやトマト、キューウィ等に多く含まれています。βカロチンは緑黄色野菜に多く含まれていますが、これは肌荒れに効果があります。そしてビタミンBは血行を良くして、肌に活力を与えてくれます。これはレバー、サバ、納豆等に含まれています。
また若々しい肌の条件として欠かせない『弾力』に必要なのがコラーゲンです。これは豚肉、ヒラメ、カレイなどの食材に含まれています。必須アミノ酸であるリジンは肌の調子を整えてくれますが、体内で作る事ができないので肉や野菜類からの摂取が必要になります。
逆に摂取しすぎると肌を荒らして老化させる食べ物が、糖質と脂質です。特に甘いお菓子や油っぽいスナック菓子、インスタント食品などは食べ過ぎない様に注意しましょう。太る原因だけではなく、肌への悪影響を及ぼす食品です。
そして美しい肌作りに大切なのが、それぞれの食品をバランスよく食べるという事です。『痩せたいので野菜や果物しか食べない』と言ったのバランスの悪い食生活は美しい肌の大敵です。

 

Comments are closed.