良質な睡眠


夜遊びした翌日はお化粧ののりがどうも悪い、また寝不足続きで肌が荒れたりニキビができた。そんなお肌のトラブルは誰もが経験した事があると思います。若い頃だったらそんなお肌のトラブルからすぐに回復できたのに、歳をとってくるとなかなか肌に『はり』や『みずみずしさ』が戻ってきませんよね。そして寝不足が日常茶飯事になると肌の老化のスピードが速くなってしまいます。お肌は非常に正直ですので、身体の機能不調や疲労があるとすぐ反応します。ですから美しく若々しい肌を保つためには質の良い睡眠を充分にとる必要があります。『平日は忙しくて睡眠時間が短くなりがちだけど、週末に昼寝をしているから大丈夫。』と考えている人もいると思います。残念ながらお肌の細胞を活性化させるのに必要な成長ホルモンは、夜10時から翌日2時の間に分泌されます。ですからこの時間帯にきちんと眠りに付いている事が重要になります。また睡眠不足で身体の機能が正常に働かないと、女性ホルモンのエストロゲンも充分に分泌されなくなります。エストロゲンが不足すると肌が乾燥して弾力を失ってしまいます。その他にも睡眠不足で朝食がきちんと食べられなかったりすると、便秘になりニキビができたり、肌に必要な栄養が不足し、肌荒れや、シミといったトラブルも起きてきます。
ですからもし寝付きが悪かったり、夜中に目が覚めてしまったりする様なら、生活習慣を見直して、成長ホルモンが分泌される時間帯にぐっすりと眠れる様に努力しましょう。適度な運動、栄養バランス、もしくはカフェインやアルコールを控えるといった点に注意してみて、症状に改善がなければ専門医にも相談してみましょう。

 

 

Comments are closed.