紫外線を防ぐ


紫外線がお肌の大敵なのは皆さんも知っている事だと思います。紫外線はメラニン色素の育成を助けるので、シミ・ソバカスの原因となります。肌の弾力を保つのに必要なコラーゲンも紫外線により破壊されてしまうと、肌にハリがなくなりシワができてしまいます。また紫外線が皮膚の水分を蒸発させ肌が乾燥すると、肌荒れがかぶれなどのトラブルがおきます。その他にも肌から分泌された皮脂が紫外線の影響で酸化するとニキビが出来易くなってしまいます。太陽の下で長く働いている人達が若い時からシミやシワが多く出来ているのは、この様に紫外線の影響からなのです。ですから美肌を目指す人は外出する時に紫外線対策をする事がとても大切です。なるべく肌を出さない様な服装で、できれば日傘や帽子で日光が直接当たるのを避けましょう。また海や山など日差しが強い所へ行く時には必ず日焼け止めを塗り、汗や水で落ちてしまった時にはこまめに塗り直しで下さい。そして覚えておいて欲しい事は紫外線は春に強くなると言う事です。夏に比べると日差しが弱いので油断しがちですが、この時期は思ったより紫外線量が多いので外出する時にはしっかりガードして下さい。また曇りの日にも紫外線の影響は受けますので、その事も覚えておいて下さい。
さて身体の外からの紫外線対策に対して、身体の中からの紫外線対策もあります。
紫外線を受けてダメージを受けた肌が回復するのにはビタミンやコラーゲンといった栄養素が欠かせません。特にビタミンCは紫外線で育成されたメラニンの沈着を妨げる働きがあるので、白い肌の為に積極的に摂取してください。また睡眠時に分泌される成長ホルモンは紫外線で傷ついた肌を回復させるのに重要な役割を果たしますので、充分に睡眠をとる事も大切です。『紫外線が肌に悪いので外に出ない。』なんて考えでいると毎日を楽しく過ごせませんよね。ですから紫外線を上手にガードしながら、スポーツやレジャーを楽しんで下さい。

Comments are closed.